最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

【ブリーチ】そもそも髪のブリーチってどんなことをしているのか知っていますか?




前に書かせていただいた


ブリーチってすっごい痛むの?【髪のダメージ】


この記事、結構読まれました。


まぁ、私がブログを書く上で勉強をさせてもらってる「マルチバース」の主宰である、「airの木村さん」に紹介してもらったのが、一番の理由なのですがw (http://naotokimura.tokyo/archives/5795



と、前置きはいいとして、今回のタイトル、



『そもそもブリーチってどんなことが起きてるのか?』



というところを書きますよん。





髪の「黒」という色は。





そもそも「ブリーチ」って、それだけしたままだと、結構いやーな黄色になりますよね。


中高生が夏休みに自分で染めてはっちゃけた感じの色ですよ。(偏見)







この毛先の色ね。(ブリーチ途中)



髪の色というのは、簡単に言うと「赤」 「青」 「黄色」が混ざって黒くなっているんです。(厳密には色がちと違うけど)


で、ブリーチによってこの3つの色をぶち壊していって、黒から変化させていくのですが、


まず壊れるのは、「青」


青が少なくなることによって、


「赤」 + 「黄」 + 「青(少量)」


「茶」になるのです。





その後、「青」がとれ、


「赤」 + 「黄」


「オレンジ」になっていくんですよね。


ブリーチを自分でやったことのある人は、この「オレンジ」に覚えがあるかもしれません。


で、その次にとれるのが「赤」です。


「オレンジ」 - 「赤」


で、「黄」ですね。


お店のブリーチだと薬の力も強く、ムラもなくキレイに染めれる美容師もいるので、1回のブリーチで大体この「黄」までしっかりいけます。





じゃあ真っ白までは「黄」を壊すだけですよね?






一昔前に流行った「ホワイトブリーチ」なるものは、この最後の「黄」をぶちこわして、色を無くして白く見せようというものなのですが、、、



この「黄」、マジで壊れません



「黄」が一番しぶといんです。


だからこそ「ブリーチ」を2度も3度もして、この「黄」を薄くしていくんです


で、髪の色を白く見せたいなら、極限に薄くした「黄」に、極限に薄い「紫」を足して白く見せていくのです。


厳密には、


「黄(極限薄)」 + 「紫(極限薄)」


をして、本当に色の薄い「グレー」が作られます。


これが白く見えてるんですね。


白髪とブリーチで白くした髪の差ってこれですね。

本当の白では無いのです。

ブリーチした髪って白髪とは違うってパッと見てわかるもんね。



で、少し話がそれましたが、こんな感じで、髪のトーンを上げているんです。





ブリーチの目的。






色を薄めることによって、キレイな色を入れやすくするのがブリーチです


薄い色の茶色にしたいのであれば赤味があると、濃い茶色になってしまうので、しっかりと「赤」までとれる「ブリーチ」をしてからカラーをいれてキレイな茶色にしていくんです。


いれたい色がしっかり出るように、「パレット」(髪の色)を調整するのが「ブリーチ」の主な役目ですよ。(明るくするのも含め)



黒や茶色では入らない色をいれるときにはブリーチが必要なのです


ただ、ブリーチをした際にはその髪に合うヘアケアを忘れないように!




次回は、、、





【ブリーチ編】次回は以外と時間がかかりそうなブリーチですが、時間をかけずにできる方法もあります。


その紹介をしようかなー。






~・~・~・~・~・~・~・~・~

新井誠のSNSなど。
申請などお気軽にどうぞ。

Twitter
https://twitter.com/ko_runaruga

Facebook
https://www.facebook.com/makoto.arai.0527

ニコ生
http://com.nicovideo.jp/community/co1265014

千葉・成田の美容室エムズハウスのスタイリストです
http://www.ms-house.jp/







ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る