最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

この世の終わりを味わったらしい…【妻の手術】

  • 2016-7-14



今日の仕事が偶然早く切り上がったので、急いで向かって面会の時間に間に合いました。


妻はこないと思っていたようで、驚いてましたね。


そりゃ行くわ。心配だもの。それで安心できるならがんばるよ。


『シロッカー手術』


という、子宮頸管を縛る手術を受けました。


時間としてはすごく短時間らしく、手術自体はホントに10分程度で終わったご様子。


ただ、、、


麻酔の瞬間がピークだったらしい。


麻酔を背中に打っているときに『この世の終わり』のような痛みをうけたらしい。。。


それが効いたら、あっという間に手術自体は終わったようだけど、下半身麻酔によって下半身はよくわからないし、点滴されてる腕は震えてしまっていたらしい。


妻は終わったあとだから、軽く笑いながら話していたのだろうけど、本当にそのときはめちゃくちゃ辛かったんだと思う。


子供のために耐えてくれて本当にありがとう。もう本当にお母さんなんだよね。


こうやって言ってしまうと誤解があるかもしれないけど、男性って、女性と違って自分のお腹の中で育てるわけではないから、どうしても『父親になる』という実感が湧きづらいのですよね。


んでも女性は自分のお腹の中で子供を育てているわけなのだから、もうすでに『母親』1年生なんですよね。


妻、本当にすごいよ。


これ以上に『陣痛』はつらいんでしょうね。。。


妻と話していましたが、『でも多分、陣痛のほうがつらいだろうから、ずっとそれを言い聞かせてた。』と言っていました。


出産は本当に壮絶なんだろうな。


私、ちゃんと見ていられるかな。。。


私も、覚悟をしないと。


妻、本当に本当にありがとう。


楽しみだね。女の子。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る