最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

【お客様カラー】ブリーチなしで赤みを削っていくために。



なんか写真、モヤモヤしてる。


やっぱり外でしっかり光があるとこじゃないとキレイに映しづらい。新井、勉強した。


ブリーチなしで『赤み』を削っていく。


日本人の悩みの永遠のテーマ。


『赤み』


もちろん、カラーでつくる赤み(ピンクや紫など)はキレイなのでアリですが、意図せず出てくる日本人が元々持っている『赤み』というのは苦手な方が多いですよね。色が抜けてきて赤っぽくなった感じとか。



これを取るには『ブリーチ』しかない……???


ノンノンノン。


安心してください。ありますよ。



【継続】して『赤み』を削っていくという方法が。


簡単に言えば、髪の中にあるメラニンを毎回のカラーごとに削っていくということですね。



このメラニンというのは種類が2つあって、赤っぽいものと、黄色っぽいものがあるんです。



で、カラー剤によって取りやすいのは『赤っぽいもの』の方。

というより、『赤っぽい』方はカラー剤で取ることが出来るということ。


ならば毎回のカラーで少しずつ取っていけばいいのです。



カラーをすることで、どんどん赤みがなくなっていき、色がキレイに落ちていくようになります。赤みがなければ、アッシュで染めると落ちていく過程でオリーブっぽいような色が出てくるのでとってもキレイです。


これは『暗めのカラー』でも出来ることであって、毎回のカラーを暗めにしながらも、内部の赤みは少しずつ削っていく、ということも可能です。


というか、それを私はオススメしています。


なので、極上の色味を求めるためには、『3回』くらいはカラーを任せてほしい。


ブリーチなしでも、必ず素敵な色を創りますので。




(こちらは3回目かな?赤みどこどこどこ????)



よろしければご参考くださいませ。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る