最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

『気づける』か『気づけない』かの差

  

久々に、アシスタントの川嶋にシャンプーをしてもらいました。

お客様に入るようになってからは、なかなかやってもらうこともないですからね。

新井さん!シャンプーさせてください!」と言われたので、「はい、どうぞ。」と。
  
   
 

なんかすごそうな写真が撮れた。

躍動感あふれてる。

という、前置きはいいとして

シャンプー』って、面白いんですよ。

何が面白いかって、『シャンプー』って、上手い人は誰からでも上手いって言ってもらえるし、評価が良くない場合は誰からも良い評価がもらえないこと。

強さだったりの好みってもちろんあると思うのですけど、それでも上手い人って基本的にみんなから『上手い』って言われるんです。

それってやっぱり、雑だったりするでもなく、機械的にするでもなく、しっかりとその時、その人に合わせられるようにすることが大事ということ。

かゆいところに手が届く』って言葉が、『気が利く』ってことをいうのは、そういうことですよね。

お客様のかゆいところ(気にしているところ)に気づいて、そこをしっかり押さえてシャンプーをする。』ということが出来ると出来ないとでは、ぜんぜん違ってきます。

しっかり相手を思いやり、かゆいところに『気づける』か『気づけない』かの差は本当にでかいです。

まぁ、これってスタイリストに必要な力でもありますけどねw

という私は、シャンプー大好き。

お客様に『気持ちいい』って思ってもらえるシャンプーっという技術はとても大好きです。

スタイリストになった今でもシャンプーの指名をもらったりもあります。もちろん出来るときと、出来ないときがありますけどねw

でも本当に好きだし、髪を美しくするうえでとても大事な技術だと考えているので、今後もできる限りシャンプーもしていきたいし、アシスタントの子たちにもそういった考え方もあるんだよ、と伝えていきたい。

  

どんどん上手くできるようにやってこーぜ!





ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る