最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

市販のカラー剤について。

皮膚トラブル相次ぐ 定期的なパッチテストが必要

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151023-00000478-fnn-soci

市販のカラー剤によるこういったお話、今までよく無かったなーと思います。

これは、ニュースで報道された内容なんですが、市販で売られているとはいえ、カラー剤というのは【医薬部外品】。しっかり使い方など気をつけないと、肌や髪にも影響は出てくるもんです。

意外かもしれませんが

市販のカラー剤とかって、私たち美容師が使うプロの薬より【強かったり】したりするものもあったりするんですよね。

まぁ、人に塗ってもらうより、自分で塗るほうが後ろも見づらかったりもするし、単純に色のムラが出づらくなるような工夫からそうなってたりするんですが。

私たちの場合は、髪の状態や頭皮の状態からお客様にあった薬を選んだりすることができます。

それってとても大事なことで、髪のダメージにも関わってくるし、薬がしみたりしみなかったりすることにもつながってきます。

選べるだけの薬の種類があるというところは、やはり美容室ならではというところです。

とはいえ

うまく使えば便利な市販のカラー剤

全てを否定するわけではありません。白髪が多くて、気になりやすい方は、顔周りの生え際だけサロンとサロンの間に染めたりするのとかは、悪くはないと思います。

まぁお店くるのは、時間もかかりますからねw

でも、そういう風に使ったりするのにも、担当の美容師さんにしっかり話を聞いたりしてから使ってほしいなぁ、って思います。

少なくとも私は、カラーについては何百、何千という時間を使ったという、経験と知識があります。

それだけの知識があるから、【プロ】なんです。

その知識から、自宅でのカラーなどについては判断させてもらえたらなぁ、って思います。

お気軽にご相談を

髪や頭皮については、美容師として本当に多くの人を見てきています。

カラーについてもそうですが、髪について困ったり、してみたいことがあればご相談ください。

出来るだけ多くの人が、髪について素敵な人生が送れますようにがんばります。





ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る