最近の人気記事

Sorry. No data so far.

ご予約など、お店についてはこちらから

【俺のイルミナ】極みブルーグレー。




いつも暗めのアッシュ系に染めるお客様。


今回は少し配合を変えて、グレーとブルー感をさらに強めに、透けるような透明感を感じれるように。


『極みブルーグレー』


前回までは、元々の茶色い赤っぽさを濃いブルーで塗りつぶすような感じで染めていたのですが、今回はその赤みをつぶすというより、薄めてブルーをのせて透明感をさらに感じれるようにしました。



簡単にいえば、『透明感を高めた』って感じです。


この方法ならいつもよりさらに『クリア』な色を楽しめます。が、少しデメリットも。


クリアでキレイな色が楽しめるのだから、いつもそれでやったほうが確かに仕上がりはキレイなのですが、、、


色落ちは少し早め。


濃い色で『赤み』をつぶすのは、すごく濃い色を使うので色の持ちは長め。





赤みはそれほど取らずに大量の青で塗りつぶす感じ。


そして、今回の『透明感を高めるカラー』は、髪にいれる色の量的には少なめ。





ただ、それと同時に赤い色を取ってくれているので、青の量が少なくてもキレイに色が出ます。それと同時に





この容器の上の部分の丸の部分は、色が入ってない状態になっていますよね。


髪の毛っていうのは、元々は透明なので(白髪など、白く見えるのは光の反射の影響)、赤みという濁りをある程度の色で抑えられれば、色の入ってない場所、つまり上の画像でいうところの黒〇の部分が『透明』になるということです。



少し話が難しくなりましたが、簡単にいえば濁りを抑えて透明な部分をつくれば、いわゆる『透明感』だったりを得ることができます。


んでもやっぱり入っている青い部分の量が少ないために、色落ちはやっぱり早くなります。


逆に塗りつぶすほうであれば、色を多くいれているので、色落ちは遅くなります。


両者ともにメリットデメリットが。


その中で、今回はより透明感、グレーを強めに感じれるようなカラーにしました。





ブルー感、めちゃ強め。でも透け感も。


そこを狙ってカラーをさせていただきましたが、お客様も喜んでいただけて嬉しいかぎりです。

しっかりそういったカラーについての知識をどんどん吸収して、もっと素敵なカラーをたくさん提供していきます。


それでは。





しっかし良き色。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る