最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

これはホントにそう思います。私もそこは譲れない。

本当に素敵な、そしてすごく共感した尊敬するカラーリストさんの記事。


ヘアカラーは 誰が塗っても同じ。 : ヘアカラー専門家 ナカム こと 中村太輔 公式ブログ

数年前からヘアカラーの塗布に関して アシスタントを使わなくなったナカムです。基本的に ハイライトなどのホイルワークを始め全てのヘアカラーは 必ずナカムが1人で塗るようにしています。(時に猫の手も借りたいほど忙しい時は同クラスのカラリストに手伝ってもらうことは



こちら。





しかし。
カラー剤の塗布感・量・タッチ
そして 施術のスピード と リズム。
この要素が 大きく違うと 実は仕上がりと 次回来店時までの褪色の仕方に大きく差がでます

誰が塗っても同じ。
ではありません。((((;゚Д゚)))))))
全く違います。








とはいえ、うちのアシスタントの子達も超優秀。




けれども、やっぱり左手の使い方で髪にしっかり薬を馴染ませることだったり、全体的な染め上がりのイメージ、どこにどのタイミングで薬を置いていくか。


その繊細な部分は、やっぱりお客様と1対1でカウンセリングして、仕上がりを共有して、髪をしっかり見させていただいている、『自分』だからこそ最高のカラーの仕上がりに。




アシスタントの子が出来ないわけではなく、そこを全て把握しているのが、『自分』と『お客様』なので、しっかりこちらもそこに応えていきたいのです。


私にとっては『カット』に近い感じなのですよ。


でも、さすがに『一緒』には塗ってもらうときもありますけどね。そりゃアシスタントの子たちにもしっかり成長していってほしいですし、たくさんのお客様の喜ぶ姿をみたいので。







私もそういった考えなので、『カラー』は絶対に塗らせていただいてます。




そこの『想い』は必ずブレさせません。


絶対に喜んでもらえるような『カラー』を。


俺が塗るからこその『俺のイルミナ』。




ホントに素晴らしい記事です。






ヘアカラーは 誰が塗っても同じ。 : ヘアカラー専門家 ナカム こと 中村太輔 公式ブログ



数年前からヘアカラーの塗布に関して アシスタントを使わなくなったナカムです。基本的に ハイライトなどのホイルワークを始め全てのヘアカラーは 必ずナカムが1人で塗るようにしています。(時に猫の手も借りたいほど忙しい時は同クラスのカラリストに手伝ってもらうことは




是非是非ご覧くださいませ。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る