最近の人気記事

Sorry. No data so far.

ご予約など、お店についてはこちらから

私のカラーはこうやって染めてるんだぜっ!!【薬剤の説明なども】

image

たまにはがっちり書いてみよう!

お客様には伝わりづらいであろう、カラー剤の名前まで今回は書いてみます。

ただ、塗り方や放置する時間、量などで仕上がりは全く違ってきます。セルフカラーの参考にはなりませんのであしからず。

お店のカラー剤。

うちのお店では、基本的に使っているカラー剤は『ミルボン』というメーカーの『オルディーブ』というカラー剤です。

キレイな茶色味が特長なカラー剤ではあるのですが、色味の強いラインもあるので、最近はそこらへんを混ぜて使ったりしています。
 

混ぜるとは言っても、基本法には2色までが多いです。

基となるカラー剤に対して、色味を強めるために強い色味のカラーを混ぜたりしています。

まず、初めは。

まぁ【カウンセリング】からですよね。

今回のモデルさんは、一年ほど前に黒染めをしたみたいです。

image

image

(黒い。)

元の髪色が黒だったので、根掘り葉掘り聞いてましたら、教えてくれました。
 

一年も前だから、もう大丈夫だと思った。
 

と、最初は教えてくれませんでした。

これですね、お客様にもいらっしゃるのですが、黒染めに関しては、染めてから1年だろうと2年だろうと、しっかりと伝えて頂きたいです。

基本、私は『黒染め』については自然に色が抜けきることはないと思っています。

少しの黒染めが残っているだけでも、毛先の発色が悪かったり、色が濁ったりするので、できるだけ先に知っておきたいです。

『黒染め』落とし

今回の場合は、仕上がりの明るさもそこまで高くなく、黒染めしてからそれなりに経っていることを考慮して、『ブリーチシャンプー』をしてからカラーを行いました。

image

中間から毛先にかけて、

・ブリーチ + 6% + シャンプー

を1:1:1で。

3%でもよかったのですが、なんかしっかりした黒い色が入ってそうだったので、できるだけしっかりとるために。時間もスピーディにしたかったのもあります。
 

ちなみに今回は、仕上がりの明るさが低めだったので、このやり方にしましたが、もっと明るくしていく場合には、

ブリーチ + 2%

とかで、黒染めだけをなるべく落とすための「脱染」を行ったりもします。

適度に毛先の黒が薄まったので

「ブリーチシャンプー」によって、少し黒がうすまりましたので、その後にカラーを始めていきます。

image

今回の薬剤は、

根元

7-wAs + C8-BL

を2:1で②剤は3%

毛先

・上の薬剤の比率で②剤を6%に。

 

これで根元から一発で染めます。

塗布時間としては、一人で塗るので、毛先までを10分以内を目標に。実際は8~9分くらいだったかな?

その後、放置。

今回使ったカラー剤は、青み(水色)のあるアッシュに更に濃いめの青を加えたものです。

柔らかい質感を出すのに、白っぽい青である水色はめっちゃいい雰囲気出ます。

ただ、日本人の髪はどーしても、赤みだったり黄色みが出てしまうので、しっかりと青で潰していきたかったので、青を強くした感じです。

根元を3%で染める理由

もちろん、根元は直接、頭皮に触れる部分でもありますし、薬も塗ってく上で溜まりやすいので、明るくなりやすいです。

なので、薬の力を押さえるためにも3%で塗っています。

ちなみに同じ比率で2剤を4.5%とかにしたら毛先より根元が明るくなります。

柔らかい髪質の人の場合、白髪でも3%で染まったりもします。

白髪染めの繰り返しで、痛みやすい髪の方には、3%で白髪染めのリタッチを行うときもあります。それでもしっかり染められるものです。

お流し後、上から…

image

これは上の「ブリーチシャンプー」の写真ですが、こんな感じで、「トナーカラー」を行っていきます。

今回は少しのアクセントが欲しかったので、「C4-VL」と3%をシャンプーと混ぜて。(濃い紫色です。黄色みが少し落ち着いてアッシュっぽさを出やすくするため。)

まぁ今回の場合のトナーは、ホント少しのアクセントのつもりです。

明るいカラーをしているときには、結構しっかりと、トナーでもカラーをいれたりもします。

image

この色とかも似たような色のチョイスをして、トナーで更に濃いめアッシュを重ねて、がっつり赤みを滅殺してる感じですね。

んで、今回のカラーの仕上がり。

image

(写真はスマホにて。色の明るさなども変えてません。)

手に取って色の写真をとっておけば良かった…orz

わかりづらくてすいませぬ。

しかし、黒染めからのスタートとしては、赤みも少なくキレイな色に染まったのでは。

モデルさんも大満足でした。

 

ってな感じで、普段からこんな感じでカラー剤を選んだり、薬の力を考えてカラーを行ってます。

御来店時の元の髪色にもよって全然カラーの薬の配合を変えたりもします。

今回のカラーは青ベースで染めていきました。

カラーは仕上がりの色を考えながら、薬を選んでる時が一番楽しいですね。

そんなこんなで、私のカラーの説明でした。

こんなこと考えてるよっ!って参考になれば嬉しいですヽ(・∀・)ノ





ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る