最近の人気記事

Sorry. No data so far.

ご予約など、お店についてはこちらから

黒染めの落とし穴。【明るくならないだけじゃない】

黒染め】したことありますか???

image

明るくしている髪を、文字通り【黒く】染めることです。

「黒くするだけなら、自分でできるかなー?」

と、家でチャレンジしたことある方も少なくないはず。

でもこれ、ちょっと不思議なんですよ。

セルフカラーで使う黒染め用の薬って【】っていう一色しかないじゃないですか。

でも、その黒くしたい自分の髪の色は、例えばそれが黄色だったり、焦げ茶だったり、はたまた赤だったりとかするわけです。

こんな風に、元がどんな色であっても【黒く】してしまうセルフ用の黒染めの薬剤、これってなんでだと思います???

 

まぁ答えは簡単ですよね。【濃い】んです。【黒】が。

元の状態の色

私とかの美容師が黒く染めるときには、お客様の元の髪の色を見て薬作ってるんです。

「このくらいの明るさなら、少しだけ暗くすれば黒に見えるだろう。」

「結構明るくて黄色くなってるから、少し濃い目の色を入れて、色が抜けないようにしっかり入れておこう。」

とか、単に【黒く】するだけでも、私は色は選んでいます。

セルフのカラー剤

でもどんな髪でも一発で【黒】にしてしまうセルフカラー剤。これは、もちろん色が【濃い】ので、次に明るくカラーをしたいときに、ハイパー邪魔になります。まぁこれは当たり前ですよね。

そして他にも、その色の【濃さ】ゆえ、日常でのシャンプーなどで、色が抜けて落ちていく過程の色もあまりキレイじゃないんです。

なんていうか、赤っぽい茶色になってくるんですよね。

元々【黒】っていう色は赤・青・黄が混ざると出来る色なんです。なので濃い【黒】っていうのは、赤とかも強いわけで。

黒染めをして時間が経って色が落ちると、 赤みのある茶色になってきてしまうんです。

で、もちろんこの強い赤も、次にカラーをするときにめっちゃ邪魔になりやすいです。

柔らかい色味

image

こういう今人気の柔らかい雰囲気を出していくカラーって、赤みを滅殺していくようなカラーの配合をしたりしてるのです。

でも、黒染めによって残った赤みとかって、めっちゃ色が強くて中々消えないんですよね。

無理に赤みを消そうとしたりすると、逆に色が濁って汚なくなりやすかったり、全然ツヤっぽくない髪色になったりもします。

市販の黒染めは強い

強いというかホントに【濃い】ですね。

簡単そうに【黒】に出来るカラーというのは、簡単に出来るなりの理由があるものです。

次に支障が出やすいカラーなので、できればできるだけ担当してくれる美容師さんと相談して行ってほしいです。

常にキレイな髪色をキープするために、黒染めとはいえ、次に生かせるカラーになるようキレイに染めてきましょ!





ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る