最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

レタッチ代行しますた。【ちょっとだけやり方も】

撮影のときに、髪やメイク、カメラなども加えて、私が大事だと思っているのが


仕上げの『レタッチ』


人によってはやらない人もいるだろうし、「少しだけ」っていう方もいると思いますが、私は、「せっかく髪もメイクも、そして衣装もライティングもこだわったのだから、世に出す最後の最後までこだわりたい!!」というような精神で写真を仕上げています。



そのためにセミナーも行ったし、ネットで調べられることや、本で調べられることをある程度は勉強しました。

ま、ある程度だけどw


でも、「そんな知識でも人の役にたってもらえれば」と思って、今回ちょっと『レタッチ代行』をさせていただきました。


んでも最終的には、自分が思い描く最終地点にたどり着くための方法なので、他の方が撮った作品をその方が思い描く最終地点に持っていくことは難しいです。


なので、今回は「私はこんな風にしているよっ。」ってことで、させていただきました。


というわけで、ちょっとだけどうやったかを伝えると。。。


基本的に私は最初に『ライトルーム』にて、大まかな調整を。


パラメータの基本的ないじり方は、大体決まっているので、



基本はコピペ。


これである程度、自分が好きな雰囲気にしていきます。

あとは作品ごとにちょいちょいっ、とw


ちなみに最近は、『色温度』は少し上げめで暖色よりにすることが多いです。

なんとなくそんな気分なのです。あ、あと『明瞭度』はちょい下げ目。


そして細部は『フォトショップ』にて。



これで、




気になる部分を調整したり、色々とゴニョゴニョしていきます。色々と内緒ですw(実際に会ったときとかには何でも教えちゃいますけどw)


(つかモデルさん、堀北真希さんに少し似てる気がする。可愛い。)


ちなみにここまで10〜20分くらい。


私、一枚に結構時間かけてます。(かかってるほうですよね?)


そして、

最後は



(他の方の作品なので、ちょっと自粛)


スマホで確認しつつ、気になるところを直して終了。
この時点でいじると、もうすでにRAWから書き出した後なので、やり過ぎると写真は劣化していきますのでご注意。


んでも、最終的にスマホで見てもらうことが多いはずなので(インスタとかパソコンで見ないですよね?)スマホに合わせた調整を最後に。


ここであんまりに、パソコンで見たイメージと離れている場合には、最初からやり直しですw

時間はいくらあっても足りませんw


そして、やっとこさ出来たデータも、次の日に見ると、『なんか違うなぁ…』と思って作り直すこともザラですw


と、私はこんな感じで最終の仕上げ、『レタッチ』をしています。


まぁ色々とぼかして書いてるから、あんまり伝わらないかもですけどw

参考にはなりませんねw

んでもまぁ、私はこんな感じで、最後に写真に『』をこめている、ってことで。


最後までしっかりこだわります。


ってことで、詳しく聞きたい方がいましたら(いるかな?w)直接聞いてくだされー!!


ではでは今日はこの辺で。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る