最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

失敗してこそ、わかることがあると思うんだけどな。




初めに書いておくと、『お客様』に対してのお話ではないですよ。もちろん。


「こういう色に染めたいんですけど、このカラー剤使えばなりますか???」


とかって質問をアシスタントから聞かれることがあるんですよね。


カラーだけでなく、パーマとかもですけど。


『やってみりゃいいじゃん。』


そういう風に聞かれると、こう思っちゃうし、そう言葉に出しちゃうんですよね。私。



私のことを信頼して聞いてくれてるのもわかるし、知識を得ようとして聞いてきてるのもわかるんです。そういうのは単純に嬉しいんですけど、、、


嬉しいんだけど、、、



でも『なんで自分でやってみないんだろう???』って思っちゃう。


自分で試したほうが、絶対に知識や勉強になるのに。



この色使うとこうなるんだ…、じゃあこっちを使ってみたら…?



とかの繰り返しで知識って増えていくもの。


正直、人に聞いて教えてもらったことって忘れやすいもんです。でも、自分で経験して得た知識とかって忘れづらいもの。



友人や家族などに頼んでやらせてもらってもいいだろうし、それが無理ならウィッグもあるし、何個も何個も試したいなら毛束がある。





自分の時間も使わず、自分のお金も使わず、自分の持っている知識も使わずして、人に聞いたことで解決することには大した価値はないんですよ。



自分で悩んで、色々試してみたことだからこそ価値が出る。


それの積み重ねが知識や自信になってきます。




んでも、『聞く』ということが悪いわけではないです。


色々試してみたけど、わからなかったり、つまづいたりすることは絶対にあります。そういうときに『聞く』ことが大事。自分だけでは解決できないことってありますから。


そうすることで、なんで失敗をしたかもわかるし、やってみてるからこそ、『聞く』ことでわかることがたくさんある。なにもやってないうちから聞くのと、やってから聞くのとでは全然質が違うし、わかることも多いです。


だからまずは『やってみる』ということをしてほしいなーって思うんですよね。


聞いて、やってみて、成功して終わり。


よりも、


とにかくやってみて、失敗して、色んなものを見て、また繰り返したほうが絶対に知識が増える。


失敗』をしたくないから聞いてきてるのはわかるんだけど、失敗をしないと得れないものってたくさんあります。


そういったことを繰り返して、自分で見て、自分がわかっているからこそ、お客様にも上手に伝えることが出来るようになるんじゃないかな。


だからまずはそこに自信を持てるように、とにかく色々やってみてほしい。


そういった歴史を積み重ねてきてる人の言葉って、自然と人に伝わってくれるものです。

だからこそ私も未だに実験もするし、毛束だったりを使ってわざと失敗してみたりもする。そうすることでわかることもあるし、もっと人に伝わりやすくなると思っているから。


まぁでも私って頑固だから、いくら「この色が-、」とか「イルミナカラーが-、」とか周りから言われたとしても、私は自分で使ってみて、自分の目で確かめて、自分で納得しなきゃ嫌っていうのもでかいですけどねw


でも、女性の大事な髪を切ったり、色を変えたりしているのだから、そこまでやって納得したものを提供したいし、オススメしたいです。

お金もいただいていて、『キレイ』にする責任があるだから。


私はそのくらい、『髪の毛』に対して責任を持たなきゃいけないと考えています。


だからまずは自分が気になったら、自ら色々やってみないとね。


アシスタントの子にもそういう考えになってほしいと思ってます。

だから別に教えたくなくて、『自分でやってみれば?』って言ってるわけではないんです。

やったからこそわかることがある。失敗したからこそ先に進める。

こういう風な考えが伝わってくれると嬉しいな。


だからがんばってこ。

素敵なスタイリストになってほしいって願ってます。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る