最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

ヘアもメイクもカメラもこだわりたい。

やるからには全部。


撮影をやるようになってから、たくさんお金も使ったし、時間も使うようになりました。


んでもそれってなんでなんだろう。


自分が想う『キレイ、カワイイ』を表現して、それを見たい。


ただ単純に自分で創ったもので『ドキッ』としたいんですよね。


撮っては、表現できていないことを悔やみ、反省し、何が足りないのか、どこが自分が『ドキッ』と出来ないのかを考える。


そしてそれを繰り返す。

そうすると、もっともっとカワイイものが見たくなるし、創りたくなる。妥協できない性格なんですよね。

だからこそ、もちろん髪やメイクにもこだわるようになるし、道具にもごたわりたくなる。


まぁまだまだ経験が浅いですけどねw

もっともっとやってる人はたくさんいるから、「こだわる」なんて言葉が相応しいかわからないですけどw


んでも、


そうしたことでわかったのが女性のキレイを創る上で『髪』が本当に大事だってこと。


どれだけ道具だったりを良くしてみても、どれだけ撮る場所だったりを考えてみても、どれだけモデルさんが可愛かったりしたとしても、やっぱり『』だけで全部変わってきちゃうんですよね。


髪の毛がキレイじゃなかったらもちろん可愛くない。


顔に合っていなくても可愛くない。


服だったり、雰囲気に合っていなくても可愛くない。



『髪』ってこんなに女性のキレイを創る上で大事だったんだって再認識。


撮影をして、一番勉強できたことはこれ。


カメラとかも、色々触って撮ってみたりもするけど、やっぱり一番練習に時間を使うのは『』。


「もっとこう動かしたい…。」

「もっと髪をキレイに見せたい…。」


女性を可愛くみせるのも全ては『』次第。




髪で雰囲気も変わるし、ましてや顔の輪郭も変えられる。


だからもっと『』が上手くなりたいんです。

やっぱ美容師なんだろうなぁ。


もっと自分の『美容』を高めていきたい。


そのために、撮影をしていろんなことにこだわっていこう。


んでも一番は『』。


そうすることで、いつものサロンワークでのお客様の髪をキレイにすることの意識もさらに高まります。



もっと、キレイを追い求めていこう。


独り言でした。では。






ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る