最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

縮毛矯正ってピンとまっすぐにしかならないって思ってる?

【縮毛矯正】

縮毛矯正って毛先が「ピン!」とまっすぐになっちゃったり、根本が「ペタン」となってしまうからイヤだ!と避けているかた多いですよね。

こういうストレートが理想ですよね。まぁここまで毛先がなることは難しいのですが、「スッ」と内に入る感じのストレートが、ナチュラルで好まれます。

『こんな風に矯正をかけることは可能』

条件はありますが。

例えば髪質

すっごい髪が細くて柔らかい人だったりすると、ペタンともピン!となりやすいです。

後はダメージが進んでしまっている方。これは太い髪の人もそうです。

この2つに言えるのが、矯正の薬を吸いすぎてしまうこと

使いまくったスポンジみたくなってしまっているので、水分をガンガン吸っちゃうんです。

薬が適正に働きにくくなって、強くかかり過ぎてしまって、ペタっともするし毛先もピンとしやすくなってしまうのです。

要するにダメージを重ねた髪だと、理想の縮毛矯正というのは難しいということです。

でもできるだけ、そうはならないように薬も調整してやらせて頂いてます。

矯正の途中でかけていくアイロンでこんな風にかけても、薬がうまく作用してないとどうしても、ペタンとかしてしまうんです。

正直、クセの強さはそこまで関係ない。

あまりに強いクセの人は、薬をしっかりと効かせないといけないので難しいですけどね。

でも正直、あんまりクセの強さは関係ないです

ホント髪のダメージの度合いがキレイなストレートをつくるためには一番重要です。

まぁ、これはストレートに限らずパーマとかにも言えることなんですけどね。

素材を美しく保つことがホントに大事なのです

 

やっぱりヘアケアは大事。

薬の調整などをして、めっちゃキレイにかける努力はしてます。

「矯正なんてどこでかけても一緒」

と考えてる人もいなくないと思いますが、それは違いますよん。

上に書いたこととかもそうですが、「縮毛矯正」ってホント、髪の状況を把握する力と、薬の知識が必要なんです

その上で、素材がキレイであれば理想のストレートをかけることが可能になります。

矯正の悩みを持っている方は、美容師さんと相談してケアの仕方や、「こんな風にかけたい!」と、しっかり考えを共有するのが大事ですよー。

聞きたいことなどあれば

 

私もこういった髪のことで悩みなどがあれば、相談にいくらでものります

矯正でなくてもパーマなど、ケアの仕方などに困ったことがあれば

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

こちらでどんなことでもご相談くださいませ。

お気軽にどーぞ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~

新井誠のSNSなど。
申請などお気軽にどうぞ。

LINE(ご予約、ご質問に!気軽にお友達になってください!)
http://line.me/ti/p/%40ykm3103t

Twitter
https://twitter.com/ko_runaruga

Facebook
https://www.facebook.com/makoto.arai.0527

ニコ生
http://com.nicovideo.jp/community/co1265014

千葉・成田の美容室エムズハウスのスタイリストです
http://www.ms-house.jp/





ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る