最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

『美容師』ってどう楽しいと思う???




当店の『美容師一年生』の2人。


4月1日からの、共にサロンに立っている仲間です。


彼女たちの想像している『美容師』っていうのはどんな感じなのだろう?


キラキラしてる感じ?楽しんでそう?


それとも


大変そう?つらそう?


どっちかな?


ちなみに私は、『つらいだろうな』と思って美容学校を卒業したタイプ。


その象徴に、卒業してからは半年間は美容師とは全く違う仕事してましたからねw


正直言えば、めっちゃ楽でしたし、普通に毎日は楽しかった。


でもまぁ、それも本音は美容師をするために別の仕事してたんですけどね。それはまたおいおい。


まぁなので、そのときも美容師をするつもりでいました。


別の仕事も楽しかったけど、やっぱり美容師がしたかったんです。


なんでかっていえば、、、


やっぱり『創る』のが楽しかった。


一人の『美容師』として『自分の好きなモノ』を表現できるということ。


学生時代は、そのほとんどをコンテストに注ぎ込んでました。


コンテストも、自分の想像したものを表現できる場所。


自分が想う、『キレイ』、『カワイイ』、『カッコイイ』を髪で創ってるときがめちゃくちゃ楽しかった。


でもそのためには、『努力』も必要。


っていうより、『努力』だとは思ってなかったけども。


髪を触ってる時間で『つらい』と思ったときはなかったなぁ。


どちらかといえば『悔しい』と思うことのが多かったです。


自分が想像したものをつくれなかったときとか。


思ったように手が動いてくれないし、頭の中で想像していたモノとは全く違うものが出来ていたり。


それがとてつもなく『悔しい』。


そういうの、めちゃくちゃあったなぁ。。。


でも、、、


それが出来るようになったときの『楽しさ』は、今でもやみつきなんです。


それが最近では、『撮影』だったり。


自分が『ドキッ』とするようなのが撮れたときなんてもう。。。


最高の楽しさです。


そしてそれはサロンワークにも。


髪をしっかり理解していけば、お客様の髪もどんどん素敵にする力がついてくる。


そして喜んでいただける。


人から喜んでもらえる仕事って、本当に楽しい。


もっともっと『上手くなりたい』って、思う。


私にとっての『美容師』っていうのはこんな仕事。


『美容師の楽しさ』を早くみつけてほしい。


もちろん、未熟なうちは先輩からも指導されることもあるし、悔しいと思うこともたくさん。


でもそれは必ず『自分の力』になることだから。


そしてそのたくさんの壁を乗り越えて行く瞬間とかも、本当に嬉しいし、ほんっとうに楽しい。


どんどん自分の力になっていくのが、本当にわかりやすい仕事。


続ければ続けるほどに、絶対に楽しくなる仕事だから。


一緒に素敵な美容師になっていこう。

私もがんばります。

美容師、絶対楽しんでもらえるように。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る