最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

早くスタイリストになるための原動力。




早くスタイリストになるためには???

    大体の美容室では、『スタイリスト』と『アシスタント』の美容師がいます。



    簡単に言ってしまえば、前者は『お客様を責任持って素敵にする立場』で、後者は『その仕事をアシストする立場』。



    美容室に入社してからの最初の目標は、『スタイリスト』になること。


    これが当面の目標になりやすいと思います。


    じゃあその『スタイリスト』になるためには???


    会社にもよると思いますが、規定のカリキュラムを終え、お客様を充分に素敵にできると会社に判断された場合に『スタイリスト』に。


    もしくは、『〇〇〇(自分)に切ってもらいたい』と思ってくれるお客様がたくさん増やしていくことだったり。



    後者は、小規模なサロンではのことかもしれませんが、今の時代、SNSやネットを駆使すれば絶対に出来ないことではないですからね。



    ちなみに私は後者。


    今働いている会社でのことではないですが、アシスタントという肩書きのときから、髪を切らせていただける指名のお客様が多数いらしてくれました。



    そしたら一日中、ハサミを持つようになって。


    私はそんな風にお客様が『スタイリスト』と私を判断してくれました。



    そこまでやってた原動力は、『早くハサミを持ちたかったから』。


    そりゃそうでしょ。美容師なんだから。


    早くお客様の髪を自分の手で素敵にしたかったですもの。


    自分なら、もっと素敵にできるはず……!!!


    と、心の中で勝手に思い上がってお客様にアピールしてましたw


    まぁアシスタント時代なんて、そんな思い上がりしかなかったですけどw



    そしてもう一つ。


    もちろん、それは『お給料』。


    まぁ下世話な話ですけどね。


    んでもやっぱり、良い車に乗りたかったり、もっと良い物を食べたかったり、好きなことにお金をたくさん使いたかったり。


    でもそれって大事なこと。


    スタイリストになれば〇〇も買えるし、〇〇も出来るはず……!


    なんて考えて、できる限り早く『スタイリスト』になるという目標を。


    もらえるものが増えれば、そのぶん使えるものも増える。


    貯めて使うのではなく、もっともらえればその分で良い物を。


    貯めて使うのも大事だけれど、私は『だったらその分、もらえるように!!!』と考える性格。



    そして今は、そのぶんで、もっと仕事に活きるものを新調(ハサミやカメラ)し、さらにもらえるようにと目標を。


    そうすることで、技術もあがっていくし、使えるものの幅も増えていく。


    そして、『美容師』としての価値が高くなる。


    考え方ひとつなんだろうなぁ。


    今現状でなんとかする。


    ではなく、


    どうすればもっともらえるようになるか。



    そういったところも、『早く』先に進むための大事なファクター。



    考え方ひとつで、スピード感は全く違う。


    私ももっともっと『美容師』として活躍したいです。


    そのためにも、こういったことも心に秘めて、もっとがんばらなくては。


    そしてレンズが欲しいなぁ。



    と、こんなことをアシスタントの子と話しながら思いましたとさ。


    スタイリスト(未来)には、楽しいこともたくさん待っているよ。

    がんばろう。


    みんなが早くスタイリストになれますように。



    ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
    画像をクリックで簡単に追加できます。


    Add Friend






    SNS・SHERE

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで新井 誠をフォローしよう!

    Instagram

    関連記事

    最近の記事

    ページ上部へ戻る