最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

イルミナカラーの色持ちをレベルアップさせたくて『アルカリキャンセル』使ってみた。

タイトル長ぇ。んでもそのまんまです。


成田の美容師、新井です。




んー。



んー。




私は考えていました。




そう。。。


『イルミナカラー』での最高の色を、もっともっと長く楽しんでほしい…!!


そんなことを。



「『イルミナカラー』の低アルカリのやつとか出ないかなー、したらまた色の入りとか違うんだろうなー。」(簡単に言えば、深めに色が入りやすかったり。)




あ。



あるじゃん。



カラー剤に混ぜるだけで『アルカリキャンセル』出来るやつ!!





これは試すしか。


とゆーわけでやってみました。




まずブリーチ。


ブリーチは死ぬほどいっぱい混ぜましょう。それが私の鉄の掟です。


で、



これで、




染めるッッッ!!!!



わかりやすいように真ん中にラインいれときました。



使用した薬剤は、


・イルミナカラーのトワイライト6レベル


・片方はイルミナの2剤の『2.25%


・もう片方は、デミの『2.4% AC



2剤の濃度は適当に近いところで合わせておきました。


てか、イルミナで2.25%とかブリーチの後にはかなり良いのですよ。これマジで使ったほうがいい。3%だと色が浅かったりするんですよ。マジで。


そして肝心の仕上がりは。。。




あ、あれ?





↑がAC




こっちが普通の。


いや、そんなはずは。。。





ちなみに前部分は『トワイライト』ではなく、『オーシャン』も塗ったりしてたんですけど、あんまり差が……


ない。


そうなんですよ。





あまり差がない


まぁぶっちゃけたところ、違うメーカーの2剤なのでアルカリキャンセルにしっかりなってるかなんて、機械とか使わなきゃわからないです。


んでも仮に、しっかりアルカリキャンセル出来ていたとすれば、ある意味『イルミナカラー』という薬剤はホントにすごい。


アルカリキャンセルじゃなくても、本当にしっかり色が入るとは。


これで差がないってのはホントにすごい。



そして手触りも変わらず。


もしかしたら、普通のイルミナカラーの2剤を使ったほうが手触りはいいかも。


結論。


イルミナカラー』はやっぱりすごい。


そして、イルミナカラーはオリジナルの2剤を使うべき。



そしてやっぱり1.5%の2剤は必要。(私のエゴ)



まとめ。


今回の実験は、『イルミナカラー』の良さを再確認する結果に。



お客様にさらに上質なカラーをさせていただくためにも、もっとこういう実験繰り返して質を磨いていきます。

カラーはホントに楽しい。

ではでは。


美容師の方はどうぞご参考に。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る