最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

どうしてもメイクを試して見たかったので自分の顔でやってみたら。



どうしても使いたい。



ちょっと色をしっかり見てみたい。



妻は寝てもらっているし、もとより家にいない。



うむ。


自分を使うしかないようです。



というわけで、




どん。



とりあえず色を乗せたかったので、右側だけ適当にファンデを手で叩き込み。



RMK。


ちなみに102の色。


そして、





ちょっと試したかったので、Diorのコンシーラーも。





目元のクマを退治したかった。


んでも良い感じ。


やはりスティック型は使いやすい。ポンポンポンと出来て良い。




そして適当に眉を書き、、、


いざゆこうぞ、『アイライン』!!




アディクションのネイビーのペンシルの色が見たかったのですよ。


粘膜のインラインを埋めて、その後にRMKの濃いめの青紫のシャドウをラインの上に乗せてたんですけど、、、



問題しかなかった。


インラインを埋めようとしても、まず無理。


かゆい。


いやまじかゆい。



そしてシャドウをやっていても、粘膜の部分がマジかゆい。



耐え切れねぇ。





我慢できなくなった私は、




やっちゃいました。





ホントは染料とか目に入っちゃうから逆に危ないんだけど、もうそんなの我慢できねぇ!!!



かゆいもんはかゆいんだ!!!


早くかかせろ!!!!と言わんばかりに手で擦っちまいました。


結果、何もわからかった。


その後、速攻オイルで落としたので全くもって何もわからず。


何のためにやったのかわからぬ。


んでもかゆかったのだ。


私には無理だったのだ。



んでも、今度から更にモデルさんには優しく接していこうと心に誓いました。

インラインとかマジかゆい。


今度、妻の体調が回復したらまたやらせてもらおう。


妻、よろしく。



ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る