最近の人気記事

ご予約など、お店についてはこちらから

あなたが本当にしたいカラーの色にならないのには訳があります。








雑誌やネットの画像を見て、「この色にしたい!」と思って美容室に行ったけど、同じような色にならなかった…っていう経験はありませんか?



特に最近は、色の薄い『アッシュ』や『ベージュ』系の色をオーダーされるお客様が多いので、なおさらこういった経験される方も多いと思います。


これには訳があります。



あ、でも先にこれだけ書いておくと、写真などは光の加減やレタッチなどによって、髪のカラーの見え方が変わるというのも大きいですよ。




でもでも、写真の写り云々よりも元々日本人の髪の色に存在してる…




赤み




これが、めちゃくちゃ『したい色』の邪魔をしてくれています。








日本人の髪の毛の茶色い部分は、黄色っぽいというよりも、『赤っぽい』茶色に見えませんか?


画像で見ていただければわかると思うのですが、カラーをして何ヵ月かした部分の色というのは『赤み』が出て来てしまいます。


日本人の髪の中にある、色をつくっている「メラニン」という成分は赤みがとても強いものです。


逆に欧米人などは、黄色みの強い「メラニン」だったりもします。なので、外人系のカラーにしたくても、それっぽくなりにくいのは、この赤みの強い「メラニン」のせいだったりもするんですよね。









「でも、雑誌とかのモデルさんの色はキレイに染まってるじゃん!」









って思っちゃいますよね。まぁそうなります。



でもこれには訳がしっかりあります。



簡単に言ってしまえば、この『赤み』さえなければ良いのです。



この『赤み』を取る方法として、一番早いのが、『髪を明るくすること』です。


赤み』がでてしまう茶色をすっとばして、黄色っぽくなるまで髪を明るくすれば『赤み』は消えてくれます。



その上から「アッシュ」などの薄い色をいれれば、キレイなカラーが出来るのです。




もう1つ方法。





それはこの『赤み』を潰せるような緑や青の色を重ねるということです。


これに関しては、髪への負担も少なくできますし、落ち着いた明るさの髪にしたいときにはこれを使います。


赤に対して強い色を被せるイメージですね。


最近は、これを使ってダブルカラーをすることも多いです。めっちゃ仕上がりキレイだったりします。


ただ、明るい薄いカラーにしたい場合は、明るくしないとできない場合が多いのですががが。



あとは、同じ系統のカラーを続けることにより、髪に色が入りやすくなるというのもあります。


色も継続が大事だったりもするんです。



キレイなカラー』にはそれなりの訳があるのです。



この『赤み』によって、希望通りの色になりにくい方は、ご相談くださいませ。



出来るだけ、希望の色に近づけるようにがんばらせていただきます!






~・~・~・~・~・~・~・~・~

新井誠のSNSなど。
申請などお気軽にどうぞ。

LINE(ご予約、ご質問に!気軽にお友達になってください!)
http://line.me/ti/p/%40ykm3103t

Twitter
https://twitter.com/ko_araimk

Facebook
https://www.facebook.com/makoto.arai.0527

ニコ生
http://com.nicovideo.jp/community/co1265014

千葉・成田の美容室エムズハウスのスタイリストです
http://www.ms-house.jp/








ご予約、ご質問はお気軽にLINEへ。
画像をクリックで簡単に追加できます。


Add Friend






SNS・SHERE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで新井 誠をフォローしよう!

Instagram

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る